Q&A

ボーイスカウトとは?

1.ボーイスカウト運動の始まり

ボーイスカウトは、健やかな子どもを育成する世界的な運動です。この運動は、1907 年イギリスのブラウンシー島で行われた小さなキャンプからスタートしました。かねてから少年たちの教育に大きな関心を持ち、このキャンプを主宰したイギリスの退役将軍ロバート・ベーデン- パウエル卿は、インドや南アフリカでの体験をもとにさまざまな野外教育を通じて、少年たちが男らしさを身につけ、将来社会に役立つ人間に成長することを願い、20 人の子どもたちとともに実験キャンプを行いました。

このキャンプの体験をもとに、翌年「スカウティング・フォア・ボーイズ」という本を著し、少年たちの旺盛な冒険心や好奇心をキャンプ生活や自然観察、グループでのゲームなどの中で発揮させ、「遊び」を通して少年たちに自立心や、協調性、リーダーシップを身につけさせようとしました。これがボーイスカウト運動の始まりです。

2.ボーイスカウト運動の教育

ボーイスカウト運動には次のような特徴が上げられます。

1.青少年の自発活動であること

2.青少年が、誠実、勇気、自信、および国際愛と人道主義を把握すること、健康を築くこと、人生に役立つ技能を体得すること、社会に奉仕できることの人格・健康・技能・奉仕を4本柱としていること。

3.幼児期から青年期にわたる各年齢層に適応するよう、年齢に応じた部門があり、それぞれのプログラムが一貫していること。

等があげられます。しかし、ボーイスカウト教育が他の青少年団体と異なるところは、その教育プログラムにあります。それは、「ちかい・おきて」の実践、班制教育、進歩制度、野外活動を取り入れていることです。

どういう活動をどういう目的で行っているのか?

子どもたちの個性と成長を、充分考えたカリキュラムです。

異年齢の子どもが集まる小さいグループでの活動を通じて協調性と責任感を養います。また、いろいろな課目を成し遂げることによって上級に進んでいく「進級課目」と、社会や自分に役立ついろいろな技能を自分で選んで修得することによって、個性に応じた自己啓発をはかる「選択課目」があり、子どもたち一人ひとりの成長を促します。

野外活動を中心に、いろいろなことを学びます。

野外活動を通して、自然を学び、友情や協調の精神を育てることが中心です。土曜日の午後や、休日に集まって、工作やゲーム、歌、演劇などの活動、手旗やロープなどの練習、キャンプ生活の基本を勉強します。春休みや夏休みには長期キャンプがあります。

スカウト運動の目的は、青少年が個人として、責任ある市民として、地域、国、国際社会の一員として自らの肉体的、知的、情緒的、社会的、精神的可能性を十分に達成できるように青少年の発達に貢献することである。(世界スカウト機構憲章、第1章、第1条、目的より)

スカウト運動は、世界共通で上記の目的を目指しています。

また、『Creating a Better World(より良き社会を作る)』を世界共通の展望とし、スカウト教育法を通して健全な青少年の育成を行っています。

どこが運営している?

世界スカウト機構(本部:スイス ジュネーヴ)が世界のスカウト運動の取りまとめている組織です。ボーイスカウトは、世界164の国と地域、約4,000万人が加盟する世界最大の青少年運動です。世界スカウト機構 アジア太平洋地域(APR)はボーイスカウト日本連盟が所属している地域となります。

日本におけるボーイスカウト運動と現状

現在、公益財団法人ボーイスカウト日本連盟は全国47 都道府県に、それぞれ県連盟事務局を設置し、全国的な活動を展開しています。活動は各県連盟の自立性と独自性を重んじ、地域に根ざした活動を行っています。各県連盟は、おおよそ行政単位ごとに地区を構成し、その下に団・隊が組織されています。

ボーイスカウト西宮第11団は兵庫連盟阪神さくら地区(芦屋・西宮)に所属しており、西宮市内の甲東・上ヶ原・上ヶ原南小学校区を育成区域とする団です。

 

父兄の付き添いがいるのでしょうか?

父兄の付き添いは原則不要です。

各隊(ビーバー隊、カブ隊、ボーイスカウト隊、ベンチャー隊、ローバー隊)ともリーダーとスカウト(子供)達で活動を行います。

父兄が参加できる集会などは各隊から個別に案内があります。

 

カブスカウト隊入隊案内 Q&A

1.入隊対象は?

小学2年生の9月~小学5年生の8月

2.費用はどのくらいかかりますか?

   ・入団金 10,000円

・育成会費 2,000円/月 (H25年10月現在)

(同一家族においては、スカウトが二人目からは1,500円/月)

・隊費    700円/月 (H25年4月現在)

これとは別に春舎営(1泊)、夏舎営(2泊)の費用を徴収します。

春舎営  4,500円(H25年実績)

夏舎営 18,000円(H24年実績)

・入隊時制服がおおよそ13,000程度必要です。

3.活動はどの程度あるのでしょうか?

・月に二回程度 集会を行っています。 添付の本年度計画表を参照ください。

・春と夏には舎営を行います。 春舎営(1泊) 夏舎営(2泊)

4.父兄も集会に参加するのですか?

・カブの隊集会は基本的にリーダーとスカウトのみで行っています。

・デンリーダーは各組の父兄から毎年1名×組数 持ち回りでボランティアをお願いしています。

(集会当日都合のつかない場合は代理をお願いしてもらっています)

・また会計を年に1名父兄からボランティアをお願いしています。

・団行事や隊集会でも父兄の参加を呼び掛けるような集会もあります。

・父兄は団の育成会会員となります

バザーやもちつきなど育成会からお手伝いをお願いすることがあります。

5.活動場所はどこですか?

・西宮11団は 甲東小学校、上ヶ原小学校、上ヶ原南小学校校区の地域団です。

・集合場所は主に甲東公民館、甲東支所、上ヶ原公民館、甲東園駅として、活動は甲山周辺や六甲山

周辺での野外活動が主となります。

・春舎営は神戸自然の家をよく利用します。

・夏舎営は県中北部の宿や施設を借りて行います。

カブスカウトの宿泊訓練は舎営となります。

11団では野営(テントでのキャンプ)はボーイスカウトに上進してから行います。

但し小学5年生はボーイスカウト上進前にキャンプ訓練があります。

6.リーダーは?

・リーダーはスカウト活動の趣旨に賛同する、社会人や大学生が無償でボランティアで行っています。

7.カブ隊から入隊することは可能ですか?

・ビーバー隊に入隊しなくても全く問題なく、カブ隊やカブ隊途中からも入隊可能です

8.カブスカウト入隊希望するときは誰に連絡すればよいでしょうか?

団ホームページの体験入隊からお問い合わせ、(体験)入隊申込みを受け付けています。

或いは 電話で 050-3736-1271 へお問い合わせください。